ついでに家事を行おう

面倒な手間を省くため

ゴミ箱の袋を交換することも、こまめに行わなければいけません。
それが名前の無い家事に含まれるので、キッチンに行くついでにするなど工夫してください。
キッチンに行った時に袋を取りに行き、帰ってくる時に交換すれば面倒ではありません。
わざわざゴミ箱を交換するためだけに移動するのではなく、何かの行動と一緒にするのが良い方法です。
洗面所の掃除なども、手を洗うついでに行いましょう。
日常を振り返り、一緒にできる行動がないか探してください。

料理が面倒だと思っている人が多いですが、家事は料理を作るだけではありません。
献立を考えるところから面倒で、意外と意識している人が少ない名前の無い家事です。
スムーズに料理を作る作業まで進められるように、簡単に献立を決める工夫を行ってください。
そこで、1週間ごとの献立を決めましょう。
月曜日は豚肉を使うなど、簡単に決めるだけでも構いません。
さらに、献立アプリを使うのも賢い方法です。

名前の無い家事を減らすためには、使い捨てにできる掃除道具を使うことがポイントです。
例えば簡単に捨てられるウェットシートがあれば、テーブルや床の汚れが気になった時にすぐ拭けます。
また水回りはカビが発生しやすく、1度発生すると掃除がかなり面倒になります。
最初から、カビが発生しないように対策を行ってください。
それが洗面用具や掃除用具を置かず、浮かせて保管することです。
浮かせることで、湿気が溜まることを回避できます。

時間を有効活用する方法

些細な家事は、何かの行動と一緒に行うのが良い方法です。 それなら面倒に感じませんし、習慣になりやすいので効率良く作業を進められます。 負担を減らせるので、ついでにできそうな家事を見つけてください。 また家事をしやすいように、道具を近くに置くこともポイントです。

楽に献立を決めよう

食材を買いに行ったり、料理をしたりすることも立派な家事に含まれます。 しかし料理に関係する家事はそれだけでなく、まず献立を決めなければいけません。 忘れられやすい名前の無い家事を、どうすれば楽に進められるのか考えましょう。 コツは、事前に献立を決めておくことです。

気になった時に拭く

掃除道具を取り出して、片付けるという作業が面倒です。 それを解消するために、使い捨てにできる道具を購入してください。 すると使い終わった後は捨てるだけで良いので、余計な負担を削減できます。 また水回りは、カビが発生しないように予防しておきましょう。

▲ TOPへ